FPの目、税理士の目

皆さん、ゴールデンウィークを楽しんでますか?

今年のゴールデンウィークは間の平日を休むと最大で10連休になりますので、間を休んで10連休とした人もいらっしゃるのでは無いでしょうか。

先日facebookページで書いた呟きなんですが、当ブログでも取り上げてみます。

以下facebookページの呟きです(もし興味有る方はfacebookページ「いいね!」お願いします。基本的にはブログと同じ内容になっていますが、facebookページのみでしか書いていない事も有ります。)。

以下よりそのつぶやきです。

今月1日、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が、期間固定型住宅ローンの金利を引き上げました。

よく「いつが住宅の買い時?」と聞かれます。

非常に難しいです。某CMの講師みたいに「今でしょ!」って言ってる場合じゃありません(笑)。

ただ、この前まで言われていたのが、金利はこれ以上下がらないと言う事です(銀行の諸経費ギリギリの金利で設定していました)。
もう一つ気になるのは住宅ローン控除。今年は一番低いです。最大2,000万円の借入残高の1%しか対象では有りません(優良住宅を除く通常の場合)。

これが平成26年1月~3月まで2,000万円で平成26年4月~平成29年12月までは最大4,000万円の借入残高の1%となります。
では待った方が良いのか?
平成26年4月より増額されるのは消費税も同じ時に上がるからです。住宅には消費税がかかってきます(住宅の敷地には消費税はかかってません)。

となると…平成26年4月から住宅価格も上がる懸念が有ります。
これを総合的に判断すると一番良いと思われるのはいつだと思いますか?
非常に難しいですよね。
また、ライフスタイルはそれぞれ有ると思うのでここではどちらが良いと言いません。総合的には家を買う場合と賃貸で暮らす場合とほぼ変わらないと言われています。どちらも一長一短有ります。

それも自由な選択だと思います。

皆さんの好きなライフスタイルを探して下さい。

住宅の買い時は…上記の理由より「思い立ったら」買い時だと思います。

ここまで。

FPとして、税理士としての視点から呟いてみました。

ではでは。

 

大阪市西区税理士FP事務所、門田会計事務所。

所得税法人税消費税贈与税相続税申告税務相談。経理・記帳代行の会計相談。家計相談等のファイナンシャルプランナー相談。その他簿記・FP・証券外務員・ビジネス実務法務等の各種検定の講師等については当事務所まで。

また、若手独立起業開業相続の事についても当事務所まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください