仕事始め

大阪市西区の税理士・FP事務所、門田会計事務所です。

本日より平成26年の営業を始めました。昨年は様々な人に助けられて、非常に感謝感謝です。その感謝に応えられる様に今年は当事務所、研修等に積極的に参加し更に付加価値を高めて行き、お客様に非常に頼りになると思われる事務所を目指して飛躍を遂げていきます。

特に今年は4月に消費税の増税が有り、消費者としては今後の皆様の生活について、事業者としては消費税の計算方法やその他転嫁対策について、疑問点が多くあると思われます。増税で5%→8%となると言う情報としては簡単なのですが、個別具体的にどういう風に変わっていくのか?問題点も多く存在するかと思われます。当事務所FP(ファイナンシャルプランナー)として消費者の皆様の生活の疑問点を又税理士事務所として事業者の皆様のお手伝いが出来ればと思っております。何かお困りの方は当事務所までご相談下さい。昨年消費税転嫁対策のセミナーについても開催した実績も御座います。

また、今年から証券税制について大きな変化が有ります。昨年まで証券会社を通した上場株式について所得税7%と住民税3%の合わせて10%の軽減税率が設けられていました。これが所得税15%と住民税5%の合わせて20%の通常の税率になります(復興特別所得税は別途かかります)。この税率が高くなる事を受けて新たな非課税制度が出来ました。それが、もうCM等でよく目にしていると思われますが、NISAと呼ばれる制度です。この口座で売買した証券については非課税として取り扱う事になっています(再売買は対象外)。詳しくは、後日このNISAの制度について当事務所主催でセミナーを行う予定ですので、それにご参加下さい。

更に来年には相続税の基礎控除の改正等様々改正項目も控えております。これを受けて相続対策等が今年必要になってくると思いますので、相続対策に不安が有る方は当事務所にご相談下さい。

ではでは。今年も宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

税理士業界の話