国民年金の口座振替

おはようございます。大阪市西区の税理士・FP事務所、門田会計事務所です。

今日は少し税務分野から離れて国民年金について買いてみたいと思います。FP(ファイナンシャルプランナー)ですので、一定の国民年金における知識を持っていなければなりません。

毎年異なりますが、平成25年度の1ヶ月当たりの保険料は15,040円です。これを一年間で計算すると15,040円×12月=180,480円の支払いとなります。

ただ、前納で支払った場合や口座振替で少し早く支払った場合はいくつか割引制度が有ります。現在の状況では以下の通りになっています。

国民年金前納割引制度 口座振替 前納1年度分 176,700円 割引額 3,780円

国民年金前納割引制度 現金払い 前納1年度分 177,280円 割引額 3,200円

国民年金前納割引制度 口座振替 早割 毎月14,990円 割引額50円×12ヶ月=600円

まだ半年払い等有ります。日本年金機構のホームページにて確認お願いします。

今年からこれに加えて2年一括前納支払いが出来る様になります(口座振替のみ)。

国民年金前納割引制度 口座振替 前納2年度分(予定) 割引額14,000円程度

image

口座振替になるので、今年の2月末日までの申込み分が対象になります。もし、2年前納を考えている方は来月末までに口座振替の申込書を提出して下さい。

分からない場合は、お近くの年金事務所又は顧問の社会保険労務士又は顧問のFP(ファイナンシャルプランナー)にご相談下さい。

2年前納ですが、他の制度と比べて14,000円程度の割引が見込まれています。金額としては1年前納と比べても大きく異なります。ほぼ1ヶ月分免除される計算になります。

ここで2年前納した場合の社会保険料控除がどうなるのか気になるところです。支払った年に全額社会保険料控除となるのか、2年にわたって半分ずつ控除となるのか。日本年金機構から来た案内によると「全額が対象」となっています。この「全額」をどう捉えるかが問題です。

社会保険料の前納保険料については、基本通達74・75-1・2により計算方法が決まっています。また2年前納の制度が運用されると新たな通達が出来るかもしれません。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

次の記事

えべっさん