無資格は駄目。

おはようございます。大阪市西区の税理士・FP(ファイナンシャルプランナー)事務所、門田会計事務所です。

皆さん、三連休をいかがお過ごしでしょうか?久しぶりの三連休でゆっくり過ごされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この春分の日や秋分の日は特に「21日」とか日にちが決まっていないため、毎年その祝日の日が変わる可能性があるようです。

ガラッと話は変わりまして、先日「無資格で税理士業務をしていて1億円超を売り上げた男達が逮捕された」というニュースが有りました。ここには二つの問題点が有ります。

まずその無資格の税理士に税理士の名義を貸していた人がいるということ。

無資格で税理士業務をしていた人物が10年ぐらい前に脱税相談に応じて懲戒処分を受けて税理士資格を失った人物であるということ。

です。

税理士として信頼を落とす行為は最もやってはいけないと思います。まず前者の方ですが、これは現役の税理士で無資格者に名義を貸した人がいるということですよね(名前はネット等のニュースで確認してください)。同業者を調べる手段はいくらでもあるので基本的に「知らない」ということは通用しないと思います。

次に最近同様の事件が多くなってきていますが、税理士としての倫理規定が大事なのではないかと思われます。最も税金に近い人間が脱税相談をするということ自体非常に問題アリです。たとえそういった相談があったとしても断固断ることは当然ですし、むしろ正す方向に持っていくようにと登録研修の際に言われるんですけどね…

売り上げた規模については、少なくても多くても構いせんが、この様な行為によってうちらの業界全体の信頼が揺らぐというのが非常に迷惑な話だと思っています。本当にこういった事件が一刻も早く無くなる様に業界の倫理を皆で守っていきたいものです。

今日はかなり愚痴っぽくなってしまいましたが、この辺で。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

雑記。

次の記事

配偶者控除の廃止?