雑記と解散と政治資金監査と。

こんばんは。大阪市西区の税理士・FP(ファイナンシャルプランナー)事務所、門田会計事務所です。

明日から3連休と言う方も多いのでは無いでしょうか?昨日まで凄く寒い日が続いていたのですが、今日から少し暖かくなって、この3連休は絶好の行楽日和になりそうですね。また、明後日は神戸マラソンらしいですね。非常に良い天気が期待されています。タイムも良いタイムが出そうですね。参加される皆さん、神戸の街を楽しんで走ってきてくださいね。私も昨年走って非常に気持ちよかった事を覚えております。昨年の神戸マラソンが今のところ自己ベストですので、いつかこれを越えられる様に日々努力をしています。

そういえば予定通り衆議院が解散しましたね。この場合政治資金監査はどうなるのか、非常に気になるところでも有ります。落選の場合は、そこで一旦区切る事になるのですが、また再選した場合は引き続きで監査をすることになるのか、一旦解散したものとして監査をする事になるのか…どちらになるんでしょうね。また、どちらにしてもテキストやQ&Aを参考に監査をしていかなければなりません。

また、一部のネットニュース等では、この解散の裏で国会議員の政治資金について問題視されているようです。この部分についても非常に気になるところです。現在登録政治資金監査人の業務の範囲としては支出のみの監査で形式的な監査に限るとされています。もし、政治資金について国民に疑惑を持たれる様な事が有るのであれば、実質監査や収入についても監査をすべきであるという声が高まってくるかも知れません。実際、登録政治資金監査人からは、こういった声が出ている事も確かです。兎にも角にも私は個人的には、何度も申し上げてるのは、この政治資金監査について国会議員のみならず地方議員まで拡大した方が良い事と完全な第三者が監査をすべきだと言う事です。今年は地方議員の問題も目立ちました。本当に必要だと思うんですけどね…

と愚痴っぽくなってきたところで、今日はこの辺で。

ではでは。

前の記事

近況と雑記