中小企業診断士試験にチャレンジその1(1次試験編)

本当に久しぶりにブログを書きます。

どうも管理人の門田です。

経営相談が増えてきたことも有り、対応はしていたものの、一度きっちり勉強しなおそうと思い始めたのが今から5年ほど前になります。 もうだいぶ前の話をうろ覚えながら書くため、当時の状況とは少し異なっているかもしれません。

実は15年ほど前に一度中小企業診断士試験に挑戦していたものの、少し多忙な時期と重なって途中で諦めていました。

しかし、知識として重要な部分を占めてきたため、再度中小企業診断士試験に挑戦することにしました。

とは言っても、まとまって時間が取れる訳では無いため、選んだ方法は専門学校への通学では無く、独学での挑戦です。

15年ほど前の挑戦でも数科目は、受かっていたので数科目については少し自信も有りました。まぁ、なかなか合格しなかったものも有りますが…

経営法務については、仕事柄非常に得意なので、無勉強で合格した記憶が有ります。一次試験の科目については、以下の参考書を使いました。

経済学・経済政策…TAC問題集

財務・会計…免除

企業経営理論…TBCテキスト、TAC問題集

運営管理…TBCテキスト

経営法務…無し

経営情報システム…TBCテキスト

中小企業経営・中小企業政策…TAC問題集

基本的に1冊をやりこむタイプで、問題集からやるタイプです。TBCテキストでまず挑戦して、その後落ちた科目をTAC問題集で勉強したと思います。ただ、TBCテキストは15年前に苦手だった科目だけ買ったので、3冊となっています。

この独学でとりあえずは2016年1次試験を突破しました。続く…

前の記事

研修資料