会計セミナー

九月最初の三連休も終わり、またもう今月も半分来てしまいました。

あと半分で今月終わりですね。月日が経つのは早いもので…

先日、起業家志望の方から会計のセミナーをお願いされ、会計セミナーをやっていました。経営者として、覚えておきたい会計について話していました。会計と言っても範囲は非常に広く見方も1つでは有りません。その中でも、財務諸表の見方と経営者としてこう見たら良いと言う事を講義しました。

現在経営者には「数字を把握する能力」が求められていると認定支援機関の研修でしました。特に「資金繰り」に関して高い能力が求められます。この「資金繰り」をしっかり管理する事によって「事業改善計画」も作れる事になります。勿論「資金繰り」だけ見る訳では無く、「貸借対照表」や「損益計算書」を見る能力も必要となります。

会計と経営は非常に密着しています。会計を知る事は経営を知る事にもなります。会計で経営の全てを知る事は当然出来ませんが、出てきた財務諸表等を見て経営判断をする事が必須ですので1つの指標としては非常に大事な項目では有ります。

財務諸表を作れる能力は必要有りません。経理や財務担当、CFO等が財務諸表を作成します。ただ、これを見て経営者は様々な判断をしなければなりません。どういう事を書いてあるかは理解する必要が有ります。

当事務所では将来起業を考えている人に対して、経営者が知っておきたい会計についてセミナーを行っております。また、大人数相手と言う形では無く、個別に講義と言う形でもセミナーを行っております。

興味の有る方は一度御連絡下さい。ただし、無料では無いので注意して下さい。

ではでは。

 

大阪市西区税理士FP事務所、門田会計事務所。

所得税法人税消費税贈与税相続税申告税務相談。経理・記帳代行の会計相談。家計相談等のファイナンシャルプランナー相談。その他簿記・FP・証券外務員・ビジネス実務法務等の各種検定の講師等については当事務所まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

ドコモからついにiPhoneが…

次の記事

代理店終わりました。